FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

屋島さらにさらにつづき

間語りは単なる語りではなく、判官義経・後藤兵衛実基・奈須与一宗高の三人を仕方話に演じ分けます。
以前にも書いた通り、この面白さは残念ながら文章には書き表せません。一度ご覧になってみればわかるという次第ですが、見事に与一が扇の的を射落とし、扇が舞う様はさながらその場面を見ているかのような迫力があります。

大いに喜んだ義経が「おことはつっと奥の間へいて 乳吸わい 乳吸わい」と与一をねぎらったと語ります。これってなんだか変な感じですが、要は褒美に奥で女性に甘えてこいと、まあそんな事のようで、当時の戦の有様がリアルに感じられるところでもあります。(大藏流の那須語では「乳吸わせいやい、乳呑ませいやい」と言うようですが)

息もつかせぬ語り物を堪能すると、ワキは老人が夢を覚まさず待っているようにと言ったことを繰り返し、ワキツレと供に待謡。一声での後シテの出となります。

後シテは法被、半切で甲冑姿を表し、常座で「落花枝に帰らず、破鏡再び照らされず・・・」とサシを謡います。大変に美しい法被姿です。
ワキが「もし判官にてましますか」と問いかけ、シテが「われ義経の幽霊なるが」と我が身を明かしてワキとの掛け合いの謡。地謡の上歌で夢物語をしようとシテは床几にかかります。

弓流の小書がつくと、観世流ではここでの床几を常の鬘桶に代えて小鼓方の床几にし、小鼓方は鬘桶に座します。昔、ある時に後見が鬘桶を出すのを忘れてしまい、機転を利かせた小鼓方が自らの床几を出してシテに座らせたのが小書として定着したのだと聞いたことがあります。
この日は中入の間に後見が鬘桶を持ち出してきて、小鼓方の床几と換えており、例の源次郎さんが使っていた金蒔絵の床几にシテが腰を掛けました。
このつづき、もう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1351-4bbdd279

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。