FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

卒都婆小町のつづき

シテは千鳥と思しき文様をあしらった薄い黄色系の縫箔を腰巻に着け、黒地のヨレの水衣を着けて笠を被っています。

次第の後は地取りで正面に向き直り、サシ、下歌と続けます。下歌の最後「もしもそれかと夕まぐれ」を長く、悲しげな感じに引いて上歌。
「雲居百敷や」と向きを変えて舞台へと進みだし、「鳥羽の恋塚秋の山」と常座に出て被った笠の前の方に手を添えます。「漕ぎ行く人は誰やらん」と上歌の最後でワキ正へツメて手を下ろし、杖に両手をかけて立ちます。

「余りに苦しう候ほどに、これなる朽木に腰をかけて休まばやと思ひ候」と笠を取って大小前に下居します。
以前にも書いたように、ここは正中に床几を出し、後見が介添えせずに腰をかけるというのが普通の形でしょうけれども、床几を出さずに、そのまま杖にすがるようにして座る形です。祥六さんの一度之次第も同じ形でした。

この日は脇正面の席でしたので、幕内から「お幕」の声が聞こえ、ワキ僧の宝生閑さんとワキツレ従僧の殿田謙吉さんが登場してきました。
熨斗目着流しに水衣、角帽子の姿ですが、ワキが一ノ松に出て高野山より出たる僧と名乗り、この度は都に上るところだが、急ぐほどに津の国阿倍野の松原にやって来たと言って舞台に進みます。

舞台に進んだワキはシテに気付き、乞食の腰掛けているのは卒都婆に違いないので、教化して立ち退かせようと言います。ワキツレが「もっともにて候」と受けたた後、ワキはワキ座に進んでシテに向き、ワキツレはワキ正に出て共にシテに向かう形になります。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1355-88857f3c

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。