FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

恋重荷さらにさらにつづき

ツレは床几から立ち上がって二、三足出て「恋よ恋、我が中空になすな恋。恋には人の、死なぬものかは。無慙の者の心やな」と謡います。ツレとワキは供に下居し、ツレがシオリ、ワキはツレを拝する形になります。

ワキはツレに「立つように」と促しますが、ツレは立ち上がることが出来ません。盤石におされて立つことが出来ないとツレが答え、地謡が「報は常の世のならひ」と謡って、いよいよ後シテの出となっていきます。

出端の囃子から後シテの出。シテは法被、半切の装束に白頭。右手に鹿背杖を突きつつ登場し一ノ松まで進んで「吉野川岩切り通し行く水の 音には立てじ恋い死にし」と謡い出します。
金春流ではシテは小袖を被き、ツレの謡の途中で橋掛りに姿を現します。その後、地謡の謡いっぱいに一ノ松まで出て佇む形となり、あらためて出端の囃子。シテは「吉野川・・・」と謡って被いていた小袖を外して立ちます。いささか展開が違います。
さらに謡いつつ橋掛りを舞台へ進み、地謡の「げにもよしなき心かな」から立廻となりますが、観世流では「言い寄せ妻の空頼め」で一ノ松から舞台に向かい、「げにもよしなき心かな」で常座。さらに「浮き寝のみ、三世の契りの満ちてこそ・・・」と謡い、「あら恨めしや」と両手で杖を持つ形になります。「葛の葉の」と謡って足拍子を踏んだ後に立廻です。
立廻の後はツレに向いて恨みを謡いシオって下居した後に、地謡との掛け合いの謡から「さて懲りたまへや懲りたまへ」とツレに面を切って見込む形になります。

しかしここから場面は一転し、シテが立つとツレも立ち上がってワキ座に戻り、シテは「立ち別れ」と足拍子二つ。左袖を被いて七つ拍子。左へ回って正中で回り「霜か雪か霰か」と見廻します。

「ついには後も消えぬべしや」と杖を落とし、「葉守の神となりて」と常座でツレに向き、「千代の影を守らん」と左袖を返して留拍子を踏みました。
(65分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1361-b626b2a7

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。