FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

竹生島さらにつづき

ワキの申し出に、シテは「この島は霊地なので否と言うのも神意に違うか」とワキを船に乗せることにし「さらばお船を参らせん」と謡います。

昨年の竹生島の鑑賞記では、この辺りの謡について、同じ上掛りでも観世流と宝生流ではシテ、ツレの謡の配分が違うことを書きましたが、喜多流の配分は基本的に宝生流と同様です。良くあることですが「観世流だけが異なっている」のかも知れません。

さて下歌の間に、ワキは船に向かって進み前の部分に乗り込んで着座します。ツレも下居し、船中に落ち着いた形になります。
上歌の詞章に合わせて、シテはやや右へ流したり、また正面へ向き直ったり、船中でもあり押さえた動きながら、湖上の景色を眺める風を見せます。「比良の根おろし吹くとても 沖漕ぐ船はよも尽きじ」の謡に、左手に持つ棹に右手を添えて船漕ぐ形を見せます。
「同じ船になれ衣」でやや面を伏せ、「竹生島もみえたりや」とワキ座の先の方に竹生島を見る心。「月海上に浮かんでは」と再び船漕ぐ形になります。。

シテの「船が着いて候 御上がり候へ」で船が竹生島に着いたことになり、ワキの「心得申し候」で一同が船を下りて、ワキはワキ座に進んで立ち、ツレは笛座前に立ちます。
一方、シテは船を下りると正中に出て立ちます。手に持った棹は落として後見が片付けます。

ワキは「不思議やな此島は 女人禁制とこそ承りて候に・・・」と、ツレの若い女が上陸したことについての不審を述べます。

これに対してシテが(弁財天は)九生如来の御再誕なので、特に女人こそ参るべきと答え、ツレの謡から地謡が受けて、弁財天は女体であって、その神徳もあらたに天女の姿と現じる神であるから、女人が参詣するのも当然のことと謡います。この謡の終わりにシテはツレともども下居します。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1365-7f92617a

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。