FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

雲林院のつづき

地取りでワキは笠を取り正面を向いて、津の国芦屋の里の公光であると名乗ります。
この公光が実在の人物かどうかは分かりませんが、ともかくこの曲では幼少の頃より伊勢物語を愛した人物という設定で、ある夜、不思議な夢を見たため都に上るところと名乗ります。

ワキのサシ、下歌、上歌と謡って、一同は芦屋の里から尼崎、難波津と進んで都、雲林院にやって来ます。雲林院は花の名所。ワキとワキツレは花を手折ろうというやり取りをします。
ワキは笠を後見座に置いて正中に出て立ち、遙かに人家を見ると花があるので、木陰に立ち寄り一枝花を手折ります。

するとシテが幕から姿を現して橋掛りを進みつつ、嵐山とはいうものの、風も吹かぬのに花が散るのは鶯の羽風かそれとも人かと言い、一ノ松で佇む形になります。
シテは無地熨斗目に水衣の老人の姿。肩上げはしていません。「や、さればこそ人の候」と公光に気付いた風で舞台に向かいます。

ワキは、花を乞うも盗むも心あってのこと、散ってしまう花を惜しみ給うなと言いますが、常座に進んだシテは、風が花を散らすのも憂きものだが、枝ながら折ってしまうのはなお憂きことと咎めます。
シテ、ワキの問答が続きますが、古歌を引きつつ花を巡る思い、情趣を語るところ。動きはほとんどありませんが、能らしい趣きある場面です。

地謡のうちに、シテは常座から七、八足ほどシカケの風に出て開キワキに向かったのち、正中から大小前へと回ります。
シテはワキにどこから来た者かと問いかけますが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1373-688b12be

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。