FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

雲林院さらにさらにつづき

一ノ松で「月やあらぬ 春や昔の春ならぬ」と謡い出したシテは、ワキの謡を聞きつつ橋掛りを進み、「今はなにをか包むべき 昔男の古を 語らんために来たりたり」と言って常座に出ます。

ワキが、それでは夢中に伊勢物語の品々を語るようにと求め、シテが語り出す形でクリ、サシ、クセと謡が展開していきます。
型通りに、地のクリでシテは舞台を進んで大小前に立ちます。サシを謡い、地謡がクセを謡いますが舞グセです。仕舞でもよく見かけるところですが、「二月(きさらぎ)や まだ宵なれど月は入り 我等は出ずる恋路かな」という印象的な詞章。

曲舞の基本的な型に沿って舞が展開します。「信濃路や」と上げ扇、地謡が受けて「木賊色の狩衣の袖を」と謡うところ、左の袖を被いて目付に出ます。
「二月の 黄昏月も早入りて」とワキ座の方に月の入りを見、舞台を廻って扇をかざし、大小前で左右打込。
「思い出でたり夜遊の曲」とシテが謡い、地謡が受けて謡ううちにシテは後ろを向いて常座へ向かい、答拝して序ノ舞に入ります。

男のシテが舞う序ノ舞というのは、あまり多い形ではありませんが、在原業平だからこそ、その王朝の優美さを表す意味で序ノ舞なのでしょうね。趣きある舞でした。

序ノ舞を舞上げてキリ。時が過ぎて「名残の月も 山藍の羽袖」とワキ座側斜めに雲扇の型で、夜が明けつつあることを示し、「覚むる夢となりにけりや 覚むる夢となりにけり」で留になりました。
狩野秀鵬さんは以前羽衣の霞留を拝見しましたが、小柄な方なのに舞姿を拝見しているとそうしたことを忘れてしまいます。十四世喜多六平太も小柄な方だったそうですが、かくやありけるかと思う次第です。
(94分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1375-1247b8fa

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。