FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

砧さらにさらにつづき

続くクセ、拍子を踏んでサシ込開キ「水かけ草ならば」と正へ招キ扇して打込から、「文月七日の暁や」の上げ端で上扇の後、大左右から打込開キといった型の連続のあと、「砧の音。夜あらし。悲しみの声」と大小前から、シテツレ二人がようやく砧に寄り、「ほろほろ、はらはらはらと いづれ砧の音やらん」正先に置かれた砧をシテが目付側、ツレがワキ座側から挟む形で着座し、二人して砧をうつ形になります。

一呼吸置く感じでツレが立ち上がり、地謡前まで後ずさって下居し、「いかに申し候。都より人の参りて候が。殿はこの年の暮にもおん下りあるまじき由にて候」と、何某の下向が無いことを告げます。

これにシテは年の暮と思って待っていたのに、それも変わり果てたのかと嘆きます。地謡は「思わじと思う心も弱るかな」と謡い出し、シテはシオリます。
続く地謡に、ツレが立ち上がってシテの後に寄り、一度下居してシテを立たせるような形で二人立ち上がると「病の床にふし沈み。ついにむなしくなりにけり」と地謡が謡うなか、シテが先に退場し、ツレはワキ正に立ってシテを見送るようシオリした後、シテに続いて退場し中入りとなります。

間狂言の何某の家来が登場、これにあわせて後見が正先に横向きに置かれた砧を正面に向け直します。
アイは何某が夕霧を使わしたこと、年末には何某が戻るかと妻が喜んだものの、結局帰れないとの知らせに悲嘆して亡くなった旨を述べます。さらにその悲報に何某が下向し、砧を手向けて弔うので弔問に参られるように触れます。

この触れの内にワキ・ワキツレが登場し、アイが一ノ松に進み、ワキが二ノ松、ワキツレが三ノ松あたりで、アイがワキに報告。これを受けてワキは正中に下居して詞。ワキツレは常座に太刀を持って畏まります。二人の待謡となり謡い終えたワキ・ワキツレはワキ座へと移ります。
このつづきもう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1384-f76eec67

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。