FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

砧もう一日のつづき

出端で紫の色大口に白の唐織を打ち掛けにし、右手に杖を突いた後シテ、妻の幽霊が登場してきます。出端の太鼓の刻みが、異界との境を開くようです。
観世では一ノ松で「三瀬川沈み 果てにしうたかたの 哀はかなき身の行くえかな」と謡い出しますが、今回は出端の囃子で常座まで進んで、謡になりました。

思いを込めたシテの謡から、地謡となり、シテは大小前に進んで「涙は返って火焔となって」と右手で突いた杖に左手を添えて立ち、さらに「胸の煙の炎にむせべば」と杖を両手に捧げるような形となります。妄執に捕らえられた苦しみを表すように、舞台を廻り「呵責の声のみおそろしや」と大小前に安座して杖を落とし、両手を上げて地獄の様を示します。

さらに地謡の「羊のあゆみ隙の駒」で立ち上がり、舞台を廻ると「あじきなの浮世や」と扇に手を打ち合わせ「恨みは葛の葉の」と一声謡います。
ワキに二三足ツメて正中で抱え扇、ゆっくりと右に回って大小前に戻り「末の松山千代までと」と小回りし、ワキを詰問するような風で「あらよしなやそら言や」とツメて「そもかかる人の心か」とシオリます。

なおさらに謡い舞いしつつワキに迫り、「夢ともせめてなど思い知らずや恨めしや」と安座してのシオリ。恨みが募った形です。しかし、これに対してワキが合掌し、一転してキリの謡。「法華読誦の力にて」で立ち上がったシテは舞台を廻り、法華経の功徳に成仏したと留めになります。
細かく比べてみると、観世とは舞台の使い方などだいぶん違っています。キリの謡で、それまでの恨みの相から一転して成仏に至る展開も、すんなりと腑に落ちた感じでした。
(104分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1385-7ac28b47

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。