FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

邯鄲さらにつづき

シテ・ワキの問答から、シテの「天にもあがるここちして」でシテに平伏していたワキが体を起こして輿舁を振り返り、続く地謡でシテが立って台を降り正先へ向かうと、輿舁が後から輿を差し掛けます。
シテ、輿舁、後に控えたワキ勅使が、いったん下居し、真ノ来序の囃子。この囃子で一同は直ぐに立ち上がり、そのまま一畳台に向かってシテが台に上ります。輿舁が切戸口に姿を消し、ワキもその後から切戸口向かって退場します。

シテは台上で脇正面の反対側を向いたまま掛絡を外しますが、これで帝の位に就いたことが形の上でも明らかになります。一方、白大口に朱の直垂姿の子方と、いわゆる赤大臣のワキツレが登場してワキ正にシテの方を向いて着座します。
この間も地謡が阿房殿、喜見城の荘厳な様を謡います。

シテは「東に三十余丈に」と前を見つつ謡い、地謡の後、今度は片膝を立て後ろを振り返って「西に三十余丈に」と謡います。舞台向かって左が東、右が西の設定ですから、見所は北を背に南を見ている形になります。以前、何かの鑑賞記にも書いたように思うのですが、観世流では東西の設定が逆なので、見所は北を向いている設定になります。

西に三十余丈と振り向いたシテの謡を地謡が受け「不老門の前には日月遅しという心をまなばれたり」でシテは両手を大きく合わせるような型をして下ろします。帝としての歓喜を示すという意味なのか、各流ともここには手を上げるような型を置いていて、万歳のように両手を高く上げたりといった形もあります。

立ち上がって正中へ出、あらためて下居したワキツレが、シテに即位五十年になったことを告げ、千年までも生きられるという仙薬を飲むように勧めます。シテとの掛け合いになり、ワキツレは立ち上がって扇を広げ、子方の広げた扇を盃に見立て酒を注ぐ形を見せます。さらに子方が立ち上がってシテに酌をする形となり、地謡に合わせて子方の舞いになります。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1389-d35c5a17

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。