FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

志賀のつづき

次第の囃子で、ワキ臣下とワキツレ従臣が登場します。
一月の金春会の高砂では、ワキが宝生欣哉さんでしたが、あの勅使や神官のワキに特有の伸び上がるような型が面白いですね。
今回は紺地狩衣のワキ臣下大日向さん、赤大臣の従臣が梅村さんと森常太郎さん。脇能の常で、次第を三遍返しに謡いワキの名乗り、さらに道行と謡います。

近江の国、志賀の山路に、山桜が今を盛りに咲いているというので、一行は都を出て桜見物にやって来たという設定です。

着きゼリフで一行がワキ座に着座すると、真ノ一声の囃子になり、登場してくるのが樵夫の翁と、若い樵夫の男。なにやらあやしげです。養老の前場も尉と若い男が登場しますが、似たような設定ですね。養老同様に、ツレの若い男が白大口にヨレの水衣を着けて先に立ち、後から着流しに水衣を肩上げした老人が出てきます。

大変ゆったりとした謡で気品ある老人の風。ただの樵夫とは思われません。しかも薪に花の枝を添え、背に担って左手で薪を結わえた紐を持っています。右手には杖を突きつつの登場です。お若いシテ、ツレですが、いかにも宝生流らしいと感じさせる謡です。

一セイ、二ノ句、さらに二人同吟で「身にも情けの 残るらん」までを橋掛りで謡い、大小のアシライで舞台に入ります。先に立ったツレが正中へと進み、シテが常座に出てサシの謡。下歌、上歌と謡いますが、「実にや誤って半日の客たりしも」で、シテ・ツレの立ち位置が入れ替わり、シテが正中、ツレが目付にと動き、ワキが立ち上がります。
二人をワキが見とがめて問いかける形です。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1393-bdab5165

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。