FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

志賀 水上輝和

五雲会 宝生能楽堂
 シテ 水上輝和、ツレ 當山淳司、ワキ 高井松男、アイ 河路雅義
       大鼓 原岡一之、小鼓 森澤勇司、太鼓桜井均、笛 藤田次郎



今月の五雲会はいささか楽しみにしておりまして、万難を排して・・・観に行ってきました。
金春会のように、一番ずつ観能記を書いてみようと思っています。



最初は志賀。まさに脇能の作りで、前半は老人の態、後シテでは志賀明神として神舞を舞うのですが、志賀明神は六歌仙の一人、大伴黒主が祀られたもの。黒主さん、草紙洗小町での悪人ぶりとは打って変わって、神様として登場です。
春三月の能ということで、志賀の桜がテーマになった春らしい曲。



能の始まる前にはお調べということで、楽屋で囃子の手合わせのようなものをしますが、笛の音が伸びやかに聞こえてきて、なんだか嬉しくなってしまいました。藤田次郎さん、好調の様子です。



次第でワキの宮人、従者が登場。高井松男さんのワキに、大日向さんと梅村さんのワキツレ。小気味よい謡です。
ワキの謡が終わると、シテ、ツレが登場。花の一枝を添えた薪を背負った老翁が若者を従えた風です。花の木陰にやすらうところにワキが声をかけるという、なかなか風情ある場面ですが、どうも古今集仮名序の「おほとものくろぬしは、そのさま、いやし。いはば、たきぎおへる山人の、花のかげにやすめるがごとし」から引いたようですね。



前シテは春の長閑さをゆったりと謡う感じ。水上輝和さん良い声です。味わい深い謡でした。
静かな中入りで、アイの語り。後シテは高砂同様の神の姿となります。



「忝なしや神楽の舞・・・」で神舞になります。
脇能が好きだという話を何度か書いていますが、およそ脇能はあまりストーリー性が無いのですが、前半の老体と後半の神との落差、颯爽とした舞の面白さなど、気に入っています。
昔の人は、きっと後シテの神が登場すると、有り難い気持ちになったのではないか、とふと想像しています。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/14-5268a4f9

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。