FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

祇王さらにつづき

登場したツレは目付に、シテは大小前に下居します。ワキはツレに向かい、何故この間は出仕しなかったのかと問いかけます。
これに対してツレは、今もまさにその佛御前のことでやって来たのだと答えます。

ワキは既に佛御前の目通りは許された旨をあらためて述べ、シテに「只今のご出仕おめでとう候」と述べます。

これを受けてシテの謡。憚り多いことながら目通りを願い出た心の内を謡い「かかる恨みは身ひとりかや」とシオリます。さらに下歌、上歌と自らの心情を謡います。

ワキは、清盛が佛御前に舞うようにと命じたことを伝えます。
これにシテは立ち上がり、祇王とともに舞いたいとツレに声をかける形。ツレ、シテの掛け合いから、ワキの謡。ワキは立ち上がり地謡の中、ツレに向かって歩み寄り、ツレを立たせる形になります。ツレが立ち上がり、シテ、ツレ二人は立ち向かいあった後、大小アシライで中入です。

ワキは中入りする二人を見送ると「いかに誰かある」と呼び、アイが「御前に候」と出ると、祇王御前、佛御前の舞の衣装が整ってきたら舞うようにと言いつけてワキ座へと下がって着座します。
アイは常座へ出ると太刀を持った形のまま、立ちシャベリです。佛御前のことをまず語りますが、若くして加賀の国佛原から都に上り、人気を博したことなどが語られて、見所も話の整理が出来ようというところです。
語りを終えたアイが、幕に呼び掛けて二人を呼び出す形になり、大小アシライでツレ、シテの出になります。箔を腰巻に紫の長絹、静烏帽子を着けた同装で登場し、ツレが一ノ松、シテが二ノ松にたっての謡になります。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1401-a1810ddb

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。