FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

桜川さらにつづき

昨日更新をお休みしました。

さて、登場してきた一行は正先で向き合って次第を謡い、ワキが常陸の国磯辺寺の住僧であること、どこの者とも知れぬ幼い人と約束をして預かっているが、近くに桜川といって花の名所があるので、この子を連れて桜川へと急ぐところと述べます。
さらに一同で道行を謡って桜川にやってきた態になり、ワキ座へと着座します。

観世ではここで里人が待ちかまえてワキとの問答になり、女物狂を呼び出しますが、今回は里人は出ないため一声で後シテの出となります。
一声で登場した後シテは、掬い網を肩にし薄い浅葱の水衣姿です。一ノ松に立って、桜の花が散り散りとなっていくことを惜しみ、「花にや疎く雪の色」で舞台に入り、常座で足拍子を踏むと、狂乱の態でカケリとなります。

常座から目付、ワキ座前から大小前と舞台を廻り、小回りして掬い網を両手に持ちます。拍子を踏んで網を扇で打ち込むように差し出しつつ正先へ出、再び掬い網を肩に担って目付から大小前へと進み、小回りして開き「桜川 散りにし風の名残には」と謡ってカケリを終えます。

地謡との掛け合いの後、サシ謡で筑紫日向の者であるが、わが子を思って箱崎、須磨の浦、駿河の海と尋ね、遙々常陸までやって来たと謡います。
桜川という名所に来て、わが子の名も桜子というのもなにかの縁と語ってシオリ、地謡の上歌で目付に出て開く型から左へ回り、正中から常座へと戻り「我が子の花など咲かぬ」とシオリます。

この狂乱の態にワキはその理由を問いかけます。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1405-975ceb16

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。