FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

舎弟のつづき

シテが舎弟の意味を問うと、小アドは難しい問いなので書き付けた物があるから見てみようと言っていったん横を向き、独白の形で、世の中にはものを知らない男が居るものだ、一つ嬲ってやろうと言います。
そしてシテの方を向くと、悪い意味なので聞かない方が良い、などと思わせぶりなことを言った上で、舎弟とは盗人の意味だと教えます。

これを聞いたシテは、兄のことを許せないと憤り、兄の所へ向かいます。
舞台を廻って兄の所へやって来たシテは、早速に、自分のことを舎弟と呼ばないようにと主張します。
何のことか分からないシテは、父は親父(シンプ)、母はお袋、兄は舎兄で弟が舎弟というのは世間では普通の言葉と説明しますが、弟はいっこうに聞き入れません。

さらに舎弟とは盗人のことで、兄こそ舎弟したことがあると兄の不行跡を並べ立てます。振る舞いの座敷にあった台天目を舎弟したとか、隣の在所からまだらな毛並みの牛を引いてきて、白いところを墨で塗り、よその市で売ったことなどを言いつのります。

兄はこれに腹を立て、二人喧嘩になります。
すったもんだの末に、弟が兄を倒して退場し、これを兄が追い込んで留になります。
ものを知らない人物が、だまされたのも知らずに大騒ぎするという、ある意味、狂言らしい狂言の一曲でした。
(13分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1410-5b0843d4

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。