FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

高野物狂さらにつづき

春満の文には、父母亡き後は父とも母とも慕ってきた、高師の四郎と別れる名残惜しさは尽きないと「墨衣思い立てどもさすが世を 出づる名残の袖は濡れける」と歌が書き残されています。
この文をシテは実際に読むように眼で追いつつ、しみじみと謡い上げます。

この文の部分、観世の本と比べるとだいぶん文章がそぎ落とされている感じです。念のため宝生の本もあたってみましたが、こちらは同じ上掛りということか、ほぼ観世と同文でした。
ともかくシテが文を読み上げ、これを地謡が受けて下歌、短めの上歌と文を読んでの高師四郎の心情が謡われ、春満を追って行方知らぬ旅に出たことが示されて、大小に笛のアシライでシテの中入となります。

中入後、松の立木の作り物を正先に出す形があるようで、三鈷の松が名勝として取り上げられていることが視覚的にもはっきりすると思いますが、この日は作り物は出されず、舞台には子方春満が先に立ち、ワキの高野山の僧とワキツレ従僧が、次第の囃子で登場してきました。

子方春満は無地熨斗目着流しに水衣、角帽子の出家姿。子方の出家姿というのはあまり見かけない形ですね。観世流では縫箔に稚児袴の稚児姿で出ますが、これは改作の影響らしく、観世以外の各流は出家の形のようです。続くワキ、ワキツレ住僧二名、いずれも角帽子に水衣の出家姿ですが、福王流のためか普段見慣れた宝生のワキ僧とはいささか装束の色が違っている感じです。
舞台中央で向かい合っての次第謡の後、ワキは自らを高野山の住僧と名乗り、いづくとも知らずやって来て出家を望んだ幼い人を預かっているが、本日は三鈷の松に伴って慰めようと思う旨を述べて、ワキ座へと着座します。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1417-21da5597

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。