FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

高野物狂さらにさらにつづき

一声の囃子が奏されて後シテの出。白大口に深い青緑の水衣を肩上げにし、前場で読み上げた文を笹に付けて右肩に担い、物狂いの態での登場です。一ノ松に立ってサシを謡います。
「あら覚束なの御身の行方やな 呼子鳥」と謡いつつ舞台に入りカケリになります。呼子鳥の謡のうちに正中へと進んで足拍子を踏み、角から大小前。足拍子を踏んで正先へ乗り込む形から笹を肩にし、目付から大小前へと舞台を廻ります。

カケリを舞い上げ「誘われし 花の名残を尋ねつつ」と謡い、地謡が「風狂じたる心かな」と受けると、シテは「肌身に持てるこの文を」と文付けた笹を胸に当てる形になります。
この後の地謡で「筑波の山やらんと」と常陸の名山、筑波山が詠み込まれ、シテは幕方を指して古里を思い、さらに正先から大小前を廻って橋掛りへと入ります。「いざや狂い上らん」と一ノ松に立って正を向き「立ち上る雲路の」と謡って、続く地謡で舞台に戻り、高野山に狂い上る様です。

「主君になどか逢わざらんと懇ろに祈誓して」の謡で、正先に下居し合掌。さらに「三鈷の松の下に」と立って常座へと向かい、シテ柱の前に着座します。

するとワキがシテを見咎め、物狂は山中に入ることは出来ないので立ち去るようにと求めて問答となります。観世流はここで春満が、この物狂は高師の四郎と気付き、ワキが名乗るようにと勧めるのを、思う子細があるので気付かぬふりをして欲しいとワキに求める形になっています。
ワキに咎められたシテは常座に立ち、ワキ座のワキと問答。シテは主君に従って出家の志も語ります。掛け合いから二人揃っての謡。そして地謡が三世の主君を尋ねて高野山へやって来たと謡ううちにシテは常座から正中へと出てワキに向かって着座します。
このつづきもう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1418-55744796

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。