FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

吉野静 粟谷能夫(喜多流自主公演能)

喜多流 喜多六平太記念能楽堂 2010.05.23
 シテ 粟谷能夫
  ワキ 村瀬提、アイ 野村扇丞 高部恭史
   大鼓 亀井広忠、小鼓 曽和正博
   笛 一噌庸二

いずれの曲でも流儀によって多少の相違はあるものですが、この吉野静は金春流と喜多流では前後二場の現在能として演じる一方、他の三流では前場を省いているために、大分違った構成になっているようです。

前場ではワキの佐藤忠信が次第で登場して、吉野の衆徒の裏切りによって義経が吉野山を落ちた後、一人山に残った思いを謡います。
シテ静御前が登場し忠信になぜ山に残ったのかと問いかけ、忠信は義経から「防き矢射よ」と命ぜられ、弓取ってこその面目と感じて山に残ったことを明かします。

忠信と静が言葉を交わしていると法螺貝や鐘の音が聞こえてきます。道行く人に聞いてみると、吉野の衆徒が義経を追い掛けようと集会をする知らせとのこと。

一計を案じた忠信は、自らは都道者の真似をして集会の座敷へ出て義経兄弟が仲直りしたと皆に伝えて時間稼ぎをし、また静が法楽の舞を舞ってさらに時間を引き延ばして義経を安全に落とそうとします。
この約束をしてシテ、ワキが中入りするというのが前場の構成。

宝生流ではワキが登場して次第を謡った後、前場のあらすじに相当するところを語って後場のアイとのやり取りへと展開していきます。一昨年の高橋章さん(鑑賞記初日月リンク)、昨年の佐野弘宜さん(鑑賞記初日月リンク)の鑑賞記を参照いただければと思います。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1422-72652a9c

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。