FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

吉野静もう一日のつづき

クセの終わりは「賎やしづ」の拍不合の謡。シテは扇閉じつつ常座へ進み序ノ舞になります。宝生では中ノ舞でしたが、下掛りは序ノ舞の様子です。

この序ノ舞がまた良かった。
粟谷能夫さんの演能は、粟谷能の会や能楽座などで何度か拝見していますが、特にこうした舞の巧さは見事です。どこがどうと説明しにくいのですが、穏やかに優美に、力強さを秘めた舞で、ゆったりと始まった序ノ舞が徐々にテンポを上げていくのに沿うように、舞の中に引き込まれていく感じがします。

序ノ舞を舞い上げたシテは「賎やしづ。賎の苧環。繰り返し」と謡って上げ扇。
地謡が「昔を今になすよしもがな」と受け、さらに衆徒が静の舞の面白さに時を過ごしてしまったり、義経主従の武勇を恐れて思い止まったり、忠信の謀通りにことが進み、義経は無事に落ち延びたと謡います。

シテは替えの拍子を踏み、舞台を廻り打込開きと型を見せつつ舞い続け、「主君も今は忠信が 賢き謀りに難なく君をば落とし申し」の謡でワキへ胸サシして、忠信の活躍を認める形。最後は常座で扇をかざして回り、静も願いが叶って都へ帰ったと留の拍子を踏みました。

これまでこのブログでは宝生流の吉野静の演能について鑑賞記を書いていますが、前場のある形は初めてのため、少し詳しく観能記を書きました。
前後で見た方が面白い能だと思いますが、しかし中入前後の場面展開が早いため、シテもワキも装束替えなど大変忙しいのではないかと想像します。しかしそれだからこそ、後場の序ノ舞が活きてくる感じもします。
予想以上に面白い曲というのが感想でしたが、シテの技量によるところが大きいのかも知れません。
(76分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1426-c3e46453

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。