FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

舎利さらにつづき

シテのサシ、地謡と掛け合いクセと謡がつづきます。この末法の世になって、仏法が東漸し唐土を経て日本に伝わり興隆にある証として、仏舎利がこの寺にあり目前に拝することが出来るのは尊いこと謡いますが、居グセでシテはじっと座したままです。

クセが終わるとワキの詞。あたりの景色が一変した風で突然の稲光の様子を告げます。これに対してシテは「今は何をか包むべき」と、自らが古の足疾鬼の霊であることを明かします。
シテ、ワキ掛け合いで、怪しい里人が面色変わり鬼となって舎利に執心を見せる様が謡われ、地謡の中ノリの「栴檀沈瑞香・・・」という切れの良い謡に続きます。

シテは二度目の「栴檀沈瑞香」で立ち上がると「上に立ち上る雲煙を立てて」と目付に出て上方を見回し、ワキ座へと廻るとさらに小回りして台へと寄って足拍子を踏みます。
観世の松木さんのときは、ここで橋掛りへ進んで一ノ松まで走るなどの型を見せましたが、今回は宝生の和久さんと同様に、台に一度上がってまた舞台に下りて回り、「舎利殿に飛び上がりくるくるくると」の謡そのままに、台と舞台を使い、最後は再び台上に上がって宝珠を取り、台を踏みつぶして幕へ走り込み、中入りとなりました。

シテが中入りする際に、狂言座に控えるアイの前を走りすぎると、アイは「くわばらくわばら、揺り直せ揺り直せ」と橋掛りで転がります。

舞台に入ったアイは舎利が無くなっていることに気付き、ワキを問いつめますが、ワキは怪しい里人が足疾鬼の霊だったという事情を語り、アイは正中に着座して上を見上げ、天井に穴が空いていると気付いてワキへの疑いを解きます。
アイはワキに疑ったことを謝り、舎利の謂われを語ります。一馳せ二千里を走るという足疾鬼が、釈迦入滅に際して牙舎利を持って逃げたため、仏弟子の阿難が進み出て韋駄天に託して無事に舎利を取り戻したという話です。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1429-bfc08b58

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。