FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

舎利さらにさらにつづき

語り終えたアイは数珠を揉み「南無韋駄天」と幕の方を向いて祈り狂言座に下がります。

舞台は天上界という設定になりイロヱ出端で後シテが登場してきます。赤頭に紺地の法被、朱地の半切で左手に舎利を持っています。シテは台の前まで進みますが、このとき半幕でツレ韋駄天の姿が垣間見えます。
シテがこの姿を見ると囃子の運びが早くなり、シテはワキ座前に右袖を被いて隠れた形になります。これに合わせるように一度幕が下り、早笛の囃子になって韋駄天が走り出てきます。この半幕を使う形は観世、宝生とはことなりますが、なかなかに面白い。

ツレ韋駄天は走り出て名ノリ。天神の面を着けキビキビとした動きで、まさに俊足の神という風。シテに向かって「その牙舎利置いていけ」と開きながら謡います。
シテは立って「いや叶ふまじとよ」と振り返り、シテ・ツレが足拍子を踏み重ねて舞働となります。

舞働では橋掛りまで追い掛け、すれ違って舞台に戻り舞働を終えると、さらに大ノリの謡のうちに一畳台から追い落とされた態で、シテは台のワキ座側に下ります。
これをさらに韋駄天が追い掛ける型を見せるイロヱ。

さらに大ノリの謡にのって、シテ・ツレの争いが演じられ、一畳台に上がったツレが台の前に座したシテを打ち、シテが左手に持っていた珠を両手で頭上に差し上げて、これをツレが取って幕へ走り込みます。
シテは台に飛び上がり、後に降りて橋掛りを幕前まで進むと、飛び返って袖を被き立って留拍子。流儀によって微妙な違いもあり、楽しく拝見しました。
附祝言は千秋楽。
(62分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1430-cb462d5f

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。