FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

草紙洗のつづき

舞台にはまず囃子無しでシテの小町が登場してきます。四季の花をあしらった紅入唐織を着流しにし、出し置きの形で正中の床几にかかります。続いて「お幕」の声がかかりワキ大伴黒主が、アイを伴って登場してきます。
白大口に紫の長絹、風折烏帽子を着けたワキは一ノ松で大伴黒主と名乗り、明日内裏で歌合があり小野小町が相手に定められたが、とても勝てそうにないので、小町の家に忍び込んで歌を盗み聞きしようと述べます。そして太刀持ち姿のアイを伴って後見座にクツロギます。

ワキがクツログとシテのサシ謡、詞になり、翌日の歌合は「水辺の草」という題であると述べて歌を案じます。「蒔かなくに何を種とて浮草の 波のうねうね生ひ茂るらん」と詠みますが、このシテの様子を覗うように後見座にクツロイでいたワキが立ち上がり、アイの従者とともに橋掛りへ進んで一ノ松あたりから歌を盗み聞きする形になります。

観世流では先に名宣笛でワキが登場して名乗り、子細を述べて後見座にクツログと、大小アシライでシテが登場し、三ノ松あたりでサシ謡、詞を述べる形になっています。喜多流も同様のようですが、それぞれに善し悪しがありそうですね。

ワキが再び後見座にクツロぎ、シテが大小のアシライで中入りすると、ワキとアイの問答になります。
ワキは正中へと出てアイを呼び出します。今の歌を聞いたかとのワキの問いに、アイは「蒔かなくに何を種とて瓜蔓の 畠のうねをまろびありくらん」と取り違えて答えます。ワキは「いやさようにてはなきぞ」と突っ込みながらも、この歌を万葉集の草紙に書き写し、古歌だと訴えて歌合に勝とうというたくらみを述べて退場します。
残ったアイは常座で、あらためて黒主のたくらみや、内裏の歌合のことなどを語り退場します。

短い前場が終わると、後場、歌合の場面となりますが、このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1449-e1083c0d

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。