FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

草紙洗さらにつづき

後場になり、次第の囃子で白大口に白狩衣、垂纓の初冠を着けた子方の帝を先頭に、後シテ小町、ツレ紀貫之、立衆三人、後ワキ黒主の順で登場してきます。子方演ずる帝は誰と特定されていませんが、貫之以下、古今集の撰者達が登場するところを見ると、醍醐天皇と考えても良さそうですね。

観世流では後のツレは紀貫之の他は、壬生忠岑、河内躬恒と官女二名とされているため、能では珍しい男女とりまぜての多人数の場面となりますが、宝生流では忠岑以下の男女四名を立衆三名にし、特に誰と特定しない形のようです。
謡には「小町を始め奉り、河内の躬恒、紀貫之、右衞門の府生壬生の忠岑」しか名前が出てきませんので、配役をこれに合わせようとすると観世流の形になりそうですが、いずれにしても多人数の華やかな場面ではあります。(右衞門の府生は壬生忠岑の官職です)

シテの小町は自邸に居る前場とは異なり、緋の大口に唐織を打ち掛けにしての登場です。貫之以下、立衆は白大口に長絹の姿ですが、後ワキ黒主は黒地の単狩衣姿で、色がこの人物を暗示している風です。

一同が向かい合っての次第謡の後、地取りで子方がワキ座で床几にかかり、貫之から立衆、ワキと舞台を囲むように座してワキが大小前あたり。シテは少し下がって着座し、歌合の場になります。
一同の登場前に、後見が小ぶりで朱塗りの鬘桶を持ち出して来たので、珍しい物と思い見ていましたが、これが子方帝の床几になりました。

一同が着座すると立衆の一人が立って、後見座から文台の作り物を出してきて正先へと置きます。立衆が「各々よみたる短冊を」と謡い出すと、シテは立ち上がって正先に出ます。「小町を始め河内の躬恒」の謡に合わせるように短冊を台上に載せて座に戻ります。
内裏清涼殿の歌合の様子が謡われ、「既に詠をぞ始めける」の謡で、貫之が正中に出て着座し「ほのぼのと明石の浦の朝霧に 島隠れ行く舟をしぞ思う」という柿本人麻呂の歌を詠じます。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1450-190739fc

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。