FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

草紙洗もう一日のつづき

自分がひとり詠じたものを黒主が立ち聞きし、万葉に入筆したものであろうから、この草紙を洗いたいとの謡で、小町が貫之に草紙を洗いたい申し出る展開となり、シテは草紙を差し上げて貫之に向かう形になります。

しかし貫之は、もし(入筆で)なければ恥を重ねることになろうと言い、これに小町はやるかたないとシオリつつ立ち上がり、橋掛りへと進みます。

シテが大鼓の前にかかったあたりで貫之がシテに、その由を奏聞しようと声をかけ、正中へ進んで子方帝に向かい、あらためて帝に小町が草紙を洗いたいと言っている由を奏聞します。
シテはその間、静かに橋掛りへと進みますが、帝の勅諚を得た貫之がその由をシテに呼び掛け、シテは一ノ松あたりで立ち止まって振り返ります。シテはうれしさを謡い出し、地次第が続く内に舞台に戻って常座に立ち、地取りで下居し草紙を下に置くと「天の河原に洗いしは」と謡い出して、地謡との掛け合いで、扇を広げて水を汲み草紙に水を掛けて洗う型を見せます。

予想通りに入筆の部分だけが消えたために、「有り難や」とシテ草紙を置いて合掌し喜びを見せます。シテが子方に草紙を捧げ出ますが、ワキは立ち上がって「自害をせん」とワキ正に進みます。
しかしシテが呼び止める、帝からも許しの詞があってワキが元の座に戻ると、小町が舞うように勧めがあり、シテの物着。烏帽子を着けて中ノ舞となります。
舞い上げた後は、和歌の徳を讃えつつシテが舞い留となりました。

場面展開も面白く、能にしては珍しい劇的な要素も多々見られます。難しい心理描写的な曲ではありませんが、楽しめる一番かと思います。
(88分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1452-f144185e

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-12 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。