FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

船橋さらにつづき

クセは居グセですが、クセの終わり「船橋も古き物語。誠は身の上なり我が跡弔いてたび給へ」の詞章にシテはワキに向いて合掌。
合掌を解いて「夕日漸く傾きて」と上げ端を謡い、立ち上がって「中有の道も近づくか」と正先へ出「橋と見えしも」と下を左右に見廻す形。

謡に合わせ舞いつつ、最後に小さく廻って常座で正面を向いて中入りとなります
以前にも書いた通り、ツレは中入りせず後見座にクツロギます。

アイは狂言座から進み出て、用事があると出かけた風で目付に出てワキに気付く形です。ワキとの問答からアイの語りとなり、さらにワキの待謡です。

囃子が出端を奏し、いよいよ後シテの出。黒頭に袷法被を肩脱ぎにし半切を着けて登場してきます。

シテが三ノ松にさしかかったあたりで、後見座にクツロいでいたツレが立って正中へ出、シテは一ノ松あたりまで進んで留まります。
ツレの謡で「行者の法力で成仏した」と述べますが、代わってシテは自分は妄執が強く浮かびかねると述べ、地謡の「これ見給へ浅ましや」で舞台へ入り、常座でシカケ開キします。

ワキが昔を懺悔し給えと促し、シテは仕方話に昔を語り出します。
「真如の月も出つべし」でツレがワキ座に向かい、ワキが一つずれてツレが着座します。シテ・ツレの掛け合いの謡から「共にこがるる思い妻。宵々に」と謡って立廻りとなります。
以前書いたように観世流では「思い妻」と謡って立廻りになり、その後「宵々に」となります。
このつづきもう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1455-fb82cc00

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-12 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。