FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

小鍛冶のつづき

ワキは常座に立つと「これは一大事のことを仰せ出されて候」と困った様子を述べます。自らの氏の神が稲荷明神なので、稲荷に参詣して祈誓しようと述べてワキ座の方へ向かおうとしますが、その間に幕が上がり、ワキが「祈誓申さばやと存じ候」と言いつつ大小前を過ぎるあたりで、シテの呼び掛けになります。

シテは呼び掛けつつ歩み出します。黒頭に朱地の小袖を着流しにし緑の水衣という、田村の前シテと同様の姿です。金剛の山田さんのときは水衣を浅葱のものにしていましたが、いささか印象が変わります。

型通り、シテ、ワキの問答の内にシテは橋掛りを歩んで「げにげに不審はさることなれども」でシテ柱あたりから舞台へと入り常座へと立ちます。
ワキの「天に声あり」シテの「地に響く」から地謡の上歌。ワキは地謡座の前に着座し(ワキ座には既にワキツレが座っています)、シテは「隠はあらじ殊になお」と目付に出て開キ、一度ワキに向かい合うと、正中から常座へと戻って「などかは適わざるべき」とワキに向かって開きます。

地のクリの謡となり、シテは大小前から正中へと出て着座し謡を聞く形になります。シテと地謡の掛け合いで剣の威徳が謡われたのに続いて地謡のクセ。こちらは本朝の、大和武尊の東征の話が謡われます。居グセで謡を聞く形です。

「遠山に見ゆる初雪を 眺めさせ給いしに」と目付柱の方角に雪山を見る形から、シテが「夷四方を囲みつつ」と謡って戦いの場面になり、シテは「尊剣を抜いて」と扇を剣に見立て、立ち上がると正先へ出ます。

「炎も立ち退けと」と大小前へ。さらに「剣の精霊嵐となって」で六拍子を踏みます。地謡の謡う草薙の剣の故事に合わせて舞台を廻り、「伝ふる家の宗近よ 心やすく思ひて下向し給へ」の謡いに常座へ回ってから正中まで出、ワキに向かって下居します。
金剛の山田さんのときと、立ち上がったところは同じですが、その後の型や立ち位置などは微妙に異なります。

ワキの問いかけに、シテは「よし誰とてもただ頼め」と謡い、地謡に乗せて立ち上がると、舞台を小さく廻って常座で小回りし、来序で中入です。ワキも立ち上がって中入。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1461-650cda75

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-12 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。