FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

知章またつづき

黒垂に梨打烏帽子、白鉢巻きを着け、朱地の厚板に白大口、長絹を肩脱ぎにしての後シテの登場です。白の大口袴と書きましたが青海波の文様が織り柄になっている様子です。

シテは一ノ松に出てサシ謡。一セイから「後の山風上野のあらし」と幕方をまず見てからワキ座上方へと視線を移し、地謡の「草木国土有情非情も」の謡で七つ拍子を踏んで、一度幕の方を見込んだ後舞台へ進み「うかみ出でたる有り難さよ」と正中に進んでワキに向かい合掌します。

ワキが誰かと問いかけると、自ら「知章これまで参りたり」とシテが名乗り、ワキとの掛け合いから地謡「朧なる雁の姿や月の影」で始まる上歌になります。
シテは謡に合わせて拍子を踏み、左の袖を巻いて目付、大小前、常座と舞台を廻ってワキの方を向きます。この途中で後見がシテのそばに立ち、何やら声をかけたのですが、はてあれはなんだったのか。いささか立ち位置が正中の方に寄っていた感じもしたのですが、本当のところは不明です。

地の上歌の終わりまでで、常座に立ってワキを向いたシテに、ワキは知章の最後の様子を詳しく語るように求めます。地謡がこれを受けてクリを謡う中、シテは大小前から左袖を巻いて正中へ出、床几にかかります。

シテのサシ、地謡で、一門の人々が船に取り乗って海上に浮かんだ様が謡われ、シテ「その中にも親にて候新中納言、我知章監物太郎、主従三騎に討ちなされ」地「御座船を窺いこの汀にうち出でたりしに、敵手繁くかかりし間、また引っ返し打ち合う程に、知章監物太郎、主従此処にて討死する」と謡が続きます。

このあたりからが、この曲の演じにくいところ、この曲があまり出ない理由ともなるところかも知れません。知章と郎党監物太郎が討ち死にするという重要なエピソード、通常であればこの後のクセの部分で謡い舞いなり仕方なりで、知章の奮戦が描かれ、クセの終わりに知章の最後と知盛の思いが描かれるというのが収まり良いところと思います。そしてキリでワキの弔いに成仏するという展開になりそうなのですが、知章の死はクセの前に語られてしまい、この後のクセは知盛の様子になってしまいます。

どうも曲の展開をめぐって思うところを織り交ぜて書いていると、どんどん長くなってしまいます。もう一日、この曲の話つづけます
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1467-a31af3df

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。