FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

子方の大活躍・・・橋弁慶さらにつづき

後場はまず子方が登場し、サシを謡います。
やがて後シテの登場。前シテは金入角帽子(スンボウシ)の沙門姿でしたが、後場では袈裟頭巾に法被、長刀を携え、甲冑を着けた戦姿を表しています。


静かに橋掛りから舞台に進んで牛若の待つ五条大橋に差し掛かった風です。
ここからは舞囃子や仕舞でも良く舞われますが「弁慶かくとも白波の」とシテ弁慶と子方の牛若が相互に謡いながらの進行となります。


弁慶の「弁慶彼を見つけつつ」の後は立廻。
この立廻のところでは、詞章からすると、弁慶はまだ相手が千人斬りの主かどうか分かっていませんから、様子を見ている状況なのでしょう。気分を盛り上げるといった感じで、ここに立廻が置かれているのかもしれません。


牛若は衣を引き被いて弁慶と行き違いながら「牛若彼を嬲って見んと、行き違いさまに長刀の柄元をはっしと蹴上ぐれば」と、弁慶が持つ長刀の柄を蹴ります。
ここはちょっとした見せ場ですね。
智顕クン、さすがに子方の出演が多いだけあって、舞台慣れしていますね。少しも物怖じする感じがありません。
一方の弁慶、武田先生も実にキチンとした演技。私、このあたりからの謡、大変気に入っております。中ノリ地・・・修羅ノリとも言いますが、気味よい謡いで、斬り組みなど気分が盛り上がりますね。
「稀代なる少人かなとて呆れ果ててぞ立ったりける」まで、小気味よく謡が進みます。


常々これって何かに似てるよなあと思っていたのですが、この小気味よさは講談に通じるものがある感じがしますね。
楽しく観能いたしました。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/147-c5491d3e

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。