FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

貰聟のつづき

機嫌良く帰ってきた風の聟ですが、常座あたりへ来ると「いや何彼と言ううちに戻った。ああまた見たむない女共の面を見ずばなるまい」と一転して不機嫌な風になり、妻を呼び出します。

立ち上がってワキ座に出た女と、これからまた酒を呑むという聟とが口論になり、聟は暇(イトマ)をやるから出て行けと言い放します。女は暇の印がないと困るので、チリを結んででも印にしてくれと言います。
すると聟はワキ正でしゃがみ込んで何やら拾って結ぶ様子を見せ、チリを結んだと女に渡します。塵というと今の語感ではもっと小さいもので、結ぶことが出来る程度のものはゴミと言う感じがしますが、時代による、あるいは地域による違いかも知れません。

女は、塵を結んでというのはものの例えでちゃんとした印を寄越せと怒ります。すると聟がそれならばと腰の物を渡し、小さ刀を受け取った女はこれは本気かと、今度は許して欲しいと言いますが、聟が追い立ててしまいます。
女が後見座にクツロギ、聟は「常々きゃつの面が見たむない見たむないと思うたれども、かな法師が母じゃと思うて了簡をしておいた」などと言い、女を追い出して「よいやまいばれ」をしたので、もう少しどこかへ行って酒を呑んでこようなどと独白して、「ざざんざ」を謡いつつ退場します。

茂山さんの時と基本的な流れは同じなのですが、途中まで機嫌良く帰ってきたり、かな法師(子供)のことを女ではなく聟が口にしたり、また女を追い出して内に入る茂山さんの形に対して、外に呑みに行くなど細かな点に違いがあります。こんなところを比較しながら見るのも面白いところです。

また「ざざんざ」は「ざざんざ 浜松の音は ざざんざ」という謡ですが、野村家の狂言では良く耳にするように思います。たしか樋の酒でも酔った二人が謡う中にあったようです。万作家の若手の会が「ざざん座」というのも、この謡にちなんでのことかも知れません。

さて聟が退場すると、女が立ち上がって常座に出、今はああ言っていても自分がいなければ何ともならないだろうに、と言いますが、さて行くところもないので親里へ行こうと述べます。そして、自分もあの男に飽き果てたので、暇をくれたのは幸いだなどと言いながら舞台を廻りますがが、常座に戻ると、後でかな法師が尋ねるだろうと言って泣く形になります。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1472-3b182e60

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-03 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。