FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

粋な主人・・・鳴子遣子つづき

アド二人は茶屋の主人に、それぞれ薪や炭を贈るので、自分の方を勝たせてほしいと持ちかけます。
狂言としては良くある形ですが、片方に聞こえないように主人を呼び、そっと話しかける。すると今度はもう一方が同じ様に主人を呼んで、賂を申し出るという進行になります。
やむを得ず、主人は二人を並べて判定をすることになります。


このあたりから、彌太郎さんもだんだん調子が出てきた感じで、説得力のある語りでした。
茶屋の主人は「判定をする」と言って両者に懸け物の一振りを出させ、両者の真ん中に置いて、西行の歌の話を始めます。
北面の武士であった佐藤義清が、出家して西形と名乗り旅に出たところから説き起こし、やがてとあるところで鳴子を見て詠んだ歌の話になります。


この歌、残念ながら西行の作なのかどうか存じていませんが、実に上手い具合に出来ていて、最初に「鳴子」と出てきます。喜んだ「鳴子」と主張している男が、懸け物に手を伸ばそうとすると主人がたしなめます。
歌の続きを聞けということですが、続きに「遣子」が出てくると、今度は「遣子」を主張していた男が懸け物に手を出そうとする。


このいずれもいさめた主人は、「奪い合うものは中からとる」と、茶壷と同様の言い様を残して、二人の懸け物を持ち去ってしまうというオチです。
とは言え、主人は何度か「こういう争いはやめよ」と述べていて、この懸け物を持ち去ってしまうのも、つまらぬ言い争いをする男たちを懲らしめようという雰囲気が見えます。他曲とは、このあたりがいささか異なるような感じがしますが、これは彌太郎さんの独特の解釈なのか、ちょっと人情劇の深さを垣間見る感じがしました。


そういえばこのところテレビのコマーシャルで基誠さんを拝見しますが、最近は一段とご活躍の様子。狂言自体も安心してみていられる感じがしています。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/149-c42b8683

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。