FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

東北もう一日のつづき

ここで囃子が調子を変えてクリの謡。和歌の功徳が謡われますが、シテは合掌を解いて大小前へ進むと、正面を向き二足ほど出てそのまま謡を聞く形です。
続いてシテのサシ。「のどけき心を種として」で扇を広げ「天道にかなう詠吟たり」とユウケンして、クセの謡となります。

この東北のクセも仕舞として良く舞われるもの。曲舞の基本的な型をなぞりつつ、東北院の風光を謡い舞いします。
大小前からシカケ、開キなどの型を見せ、足拍子を踏むと角へ出て舞台を廻り大小前で左右打込して上げ端「見仏聞法のかずかず」で上げ扇と展開していきます。

大左右から型通り打込などの型を織り交ぜつつ舞台を廻り、最後は大小前にて左右打ち込みしてクセを舞上げます。
そして「春の夜の」の謡で扇を閉じ、常座近くへ進むとゆったりと答拝して序ノ舞へと入っていきます。

優美に序ノ舞を舞上げるとシテのワカから地謡のノリ地となり、シテ、地謡の掛け合いから終曲に向けて謡い舞いが続きます。

実はこの地謡のノリ地の後、シテの謡からの部分は、喜多流と観世流では詞章がかなり違っています。
謡い舞いは詞章に合わせるように、型もやや派手目の型で構成されています。「これまでなりや」と別れを告げるに謡に正先へ出て雲扇、舞台を廻って常座で扇を左に取ると、正中で正面を向き「和泉式部が臥所よとて」と羽根扇して、シテは常座に戻り扇かざして一回りした後、留拍子を踏んで終曲となりました。
観能記としてはここで終わりですが、明日一日分を使って、最後の部分の喜多流と観世流の詞章の違いを書いておこうと思います。
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1491-0e9f98d5

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。