FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

清水座頭のつづき

シテは正中へ出ると、ジャガンジャガンと自らも鰐口を鳴らす様子をみせ、正中に正座して扇を広げると合掌して観世音に祈ります。

祈りを終えると立ち上がりワキ座の方に進みますが、ここで瞽女に行き当たってしまいます。
瞽女は怒ってきつく咎め、座頭は「剣呑な物の言い様じゃ」と言いつつ常座に下がり、ワキ座に立った瞽女と声を掛け合う形になります。
いずれも相手を咎めるようなことを言っていますが、まもなくお互いが盲目とわかり、瞽女は「真っ平許して下され」と謝り、座頭も謝って二人それぞれの場所に座します。

座頭は、今宵はゆるりと話しましょうと言い、ささを持ってきたので一つどうかと瞽女に勧めます。瞽女が酒をたしなまないと断ると、座頭は取り出した瓢箪から手酌で、広げた扇を盃に見立てて酒を注ぎ、一つ飲み干します。
ひいやりとして美味い、と座頭は酒を堪能した風で、もう一度瞽女に酒を勧めます。今度は瞽女も飲んでみようと言い、座頭が女に寄って酌をし瞽女も酒をのみ二人しみじみとした様子になります。

さて気分の良くなった座頭が「平家を一句語りましょう」と言い、得意らしい平曲を語り出します。が、この平家がいささか怪しいもの。

平曲「そもそも一ノ谷の合戦敗れしかば、源平互いに入り乱れ、向かう者の頤を切らるる者もあり、逃ぐる者の踵を切らるる者もあり。忙わしき時のことなれば、踵を取って頤に付け、頤を取って踵に付けたれば、生えうずこととて、踵に髭が、むくりむくりと、生えたりけり。冬にもなれば、切れうずこととて、頤にあかがりが、ほかりほかりと、切れたりけり。」

瞽女はこの怪しい平曲を「さてもさても面白いことでござった」と褒め、座頭は総じて平家というのは音が大事だと自慢する様子です。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1503-cff65bc4

 | HOME | 

カレンダー

« | 2019-09 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。