FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

松尾さらにつづき

シテ、ツレが笛の音に送られて姿を消すと、ワキが「いかに誰かある」と呼びます。答えて進み出たワキツレ大日向さんに所の者を呼んでくるように言いつけ、ワキツレは常座まで行って狂言座の方に声をかけます。

間狂言山本則孝さんが進み出て正中でワキ臣下に向き合い、ワキの問いに答えて松尾明神の謂われを語ります。
当社明神は君の間近くに鎮座するが、本地寂光の都を出でてこの閻浮提に示現されたのだと本地垂迹の理を説きます。西の山の端に下ったが、この地は地形もすぐれて常楽我浄の結縁を示すところであり、何事も祈りをかけて叶わぬということはない、と当社の尊きことを語ります。

アイが語り終えて下がるとワキ、ワキツレの待謡。「げに今とても神の代の 誓いは尽きぬしるしとて 神と君との御恵 まことなりけりありがたや」が謡われて出端の囃子となります。

後シテは高砂同様に半切、袷狩衣、黒垂に唐冠の装束で颯爽と登場し、常座に出て「それ千代の松ヶ枝には 万歳の緑 常磐には御代を守りの御影山」と謡い出します。「松尾の神とは我が事なり」と謡ってワキを向くと、地謡が「八乙女の 袖もかざしの玉かづら」と続け、シテは正面に向き直って八足ほど進みます。
「かけてぞ祈る玉松の」と謡いつつ開キ、地謡が「光も塵や・・・」と続けると袖の露を取って大小前へと進み、答拝して神舞を舞い始めます。

神舞らしい颯爽とした舞で、初日にも書いた通りなんだか良い気持ちになりました。
神舞を舞上げると後見座にクツロイだ後、地とシテの掛け合いで謡い舞いとなり、常座から出て七つ拍子を踏み、ゆっくりと目付まで出ると角取りして左に回ります。常座に戻ると左袖返して正中へ出、さらに舞台を廻って常座に戻り「光も散るなり」と足拍子。ワキ正へ進んで両袖を巻き上げ、目付に出てから舞台を廻って常座に戻って袖を下ろし、ユウケンして留拍子となりました。
もう一日つづきます
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1513-b91646b0

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-04 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。