FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

隅田川のつづき

ワキツレは名乗りの後に道行を謡い、隅田川の渡にやって来ます。ちょうどワキが立ち上がりワキ正あたりに出たワキツレと向き合う形になります。
ワキツレがワキに舟に乗りたいと声をかけ、続く問答で、女物狂いがやって来るのでこれを待とうということになり、ワキが地謡の前、ワキツレがワキ座に着座します。

一声でシテの出、箔を腰巻に浅葱の水衣を着け、笠を被って笹を肩に担っての登場です。一ノ松に出ると「人の親の心は闇にあらねども」と謡い出します。シテの謡は上掛と基本的には同じ流れなのですが、詞章は微妙に違っています。
一セイ「聞くやいかに うわの空なる風だにも」を地謡が受けて「松に音する習あり」と謡う中、シテは舞台に入り正中を少しワキ正側に外した辺りで足拍子を踏み、笠を外してカケリになります。

正中から目付に出て角取り、左に回って地ノ頭から大小前へ。小回りして足拍子を踏み正先へ打込。笹を担って目付へ回り大小前へ戻り、再び小回りして開きます。物狂いの態を表すところ。
カケリの後は「真葛が原の露の世に」と謡いつつ数足出て拍子を踏み、さらに正先まで出て拍子を踏みます。地謡が「身を恨みてや明け暮れん」と続け、シテは正先からワキ座の方を回って大小前へと戻ります。

シテのサシ謡で、自らは都北白河の女と名乗り、拐かされた一人子が東国に連れ去られたと聞いて心乱れたと謡うと、地謡がつづき、隅田川までやって来たことが謡われます。これに合わせてシテの所作。
粟谷能夫さんの時のメモと比べると、基本的な流れは同様としても、型が微妙に違っています。サシ謡の最後「思い子の跡を重ねて迷うなり」で、能夫さんは一足出、さらにもう一足出て思いを込める感じでしたが、今回は続く地謡の下歌になって二足出ています。その後も「隅田川に着きにけり」と常座でワキに向くまでの間、同じ型を基本としていますが謡との関係が一句ほどずれたりしていて、それぞれに思うところがあっての演出なのだろうと想像しつつ拝見しました。

細かく記していくときりがありませんので省略しますが、その後はシテとワキの問答になり「我もまた いざ言問わん都鳥」の教科書にも取り上げられる上歌に合わせての舞、最後はワキに向かい笹で床を叩いて「乗せてたび給え」と合掌します。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1524-002e4b6e

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。