FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

殺生石さらにつづき

続いてクセ。
ある夜帝が清涼殿に御出なされ管弦の御遊があった時に、しぐれて吹く風に灯火が消え玉藻の前の体から光が放たれて清涼殿を照らした。この光に帝が御悩となり、安部の泰成が占うと、玉藻の前の仕業であり調伏すべきとあり、これに玉藻の前が本性を現して那須野に逃げたのだと謡われます。

このクセは本来居グセで前シテはじっと座ったままですが、この女体の小書では舞グセになり「清涼殿に御出なり」で立ち上がったシテは、右に少し向きを変え二足ほど出ると正面を向き、さらに二足ほど出て「管弦の御遊ありしに」で足拍子を一つ。「頃は秋の末 月まだ遅き宵の空」とシカケ、開キ。左へ回りつつ扇を広げ、大小前から扇ハネ、正先に出て暫し佇み、角へと進みます。
目付柱から大小前へと戻り、正に向いて「光を放ちて」とユウケンの型。正先に出てサシ分け角へ行き、角トリして左に回り大小前で小左右打込ミ「帝それよりも」の上げ端で開キ。大左右から正先に出て開キ、サシて出、開いてワキ正へと回り、正を向いて六拍子。サシて角に出、扇カザシて早い運びで舞台を廻り、大小前で向き直ってワキに向かい下居して、クセの留になりました。

ワキは玉藻の前の話に大変詳しいシテの様子を怪しみ、如何なる人かと問いかけます。
シテは自ら、玉藻の前、今は那須野の殺生石の石魂であると明かし、地謡の「懺悔の姿あらわさんと」で立ち上がると、目付の方へ二、三足ツメた後、ワキに寄ると狐を表すような足使いを見せ、常座の方にススッと進んで「石に隠れ失せにけり」と作り物に中入りしました。

アイが出て何やら不審を述べ正中に出てワキに問います。下居してワキに声をかけますが、ワキとの問答からワキの求めに応じて玉藻の前のことを座してシャベリます。アイの語りが終わるとワキが払子を持ってくるようにと命じ、ワキは払子柱杖を受け取るとワキ座でこれを立てて構え、囃子のノットで立って石に向かいます。
さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1531-cab164ad

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。