FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

吉野天人のつづき

シテはワキの一行に何を話しているのかと問いかけます。ワキはこれに答えて、三吉野の桜を見にやってきて初めてこの山に分け入ったことを話し、さらにこの山中にやんごとなき姿を見せるのはいったいどなたなのかと問い返します。このワキの言葉のうちに唐織着流しのシテが幕を出て橋掛かりを歩みます。

シテは歩みつつも、このあたりに住む者だが、花を友として山野に暮らしていると述べつつ舞台に入り、常座にゆっくりと出ます。

この吉野天人という曲、初心のときに習う曲だけあって基本の形を抑えつつも作りがシンプルになっています。シテ・ワキの問答から地の上歌で桜の花を眺める春の気分が謡われ、シテはこの短い上歌に合わせて概ね舞台を一巡りする形です。
上歌の最後「馴れ初めて眺めん いざいざ馴れて眺めん」でシテが常座に戻って正面を向くと、ワキがシテに、こうして家に帰ることも忘れて花を眺めているとはますます不審と声をかけます。

シテは自ら天人であることを明かし、ワキの一行が今宵をここで過ごし信心をするならば、古の五節の舞を見せようと言って、地謡の「迦陵頻伽の声ばかり雲に残りて失せにけり」で、送り笛に送られて中入りとなります。
地謡はこの中入り前の上歌の「雲に残りて」のところで謡を速めて、姿が見えなくなる雰囲気を出した風。その後をしめて静かに中入りに導いた感じです。

さてシテが中入りするとアイが登場してきます。
このアイの語りがなかなかに興味深かったのですが、そのあたりは明日に続きます
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1549-ecda96f8

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。