FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

吉野天人もう一日のつづき

アイが触れを告げて退場するとワキの謡「不思議や虚空に音楽聞こえ 異香薫じて花降れり」囃子が入って地謡へとつながり、笛のヒシギで出端が奏されます。

囃子のうちに幕が上がり、ツレが先に立ち、シテが続いてさらにツレが続くという形で三人が登場してきます。
前後のツレは箔を腰巻にして紫の長絹をかけ、天冠をつけた天女姿。シテは箔を腰巻にしたうえに、白の舞衣を壺折にし、鳳凰の天冠をつけて桜の小枝を持っています。この三人が橋掛かりに並び、さらに「いいもあえねば雲の上」の地謡で、舞台へと進みます。
すると再び幕が上がり、ツレの天女がさらに二人登場してきて、舞台上にはシテを中央に三人が、橋掛かりには残るツレ二人が立つ形で、華やかな舞台となりました。

地謡「いいもあえねば雲の上」の後は「琵琶琴和琴笙篳篥 鉦鼓鞨鼓や糸竹の 声澄み渡る春風の 天つ少女の羽袖を返し 花に戯れ舞うとかや」で、この短い上歌のうちに舞台上と橋掛かりに五人が展開し、ゆったりとサシ込み開イて中ノ舞になります。

初段の上げ扇の手前までは、シテは登場したときから手持っている桜の小枝で舞いますが、段の前で後見が小枝を受け取り、シテは扇に持ち替えて上げ扇、舞を続けていきます。
特に特別な型を舞うわけではなく、しかも五人全員での相舞で同じ型をなぞります。シテとツレで動きに違いがあるともっと面白いかな、と思ったりもしましたが、五人となると逆に変化をつけるのが難しいのかもしれません。
中ノ舞を舞い上げた後も、謡い舞いが続き、「雲に乗りて行方も知らずぞなりにける」と留拍子を踏んで終曲となりました。最後まで五人揃っての型でシテのみが拍子を踏んだ形です。
このキリの部分「少女は幾度君が代を」からが仕舞として舞われるところで、初めて習った曲です。いささか懐かしい思いに浸りました。
附祝言は難波でしょうか、あまり聞くことのない謡でした。
(53分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1551-deb321d8

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。