FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

大般若またつづき

登場したアイは常座に出て立ちシャベリ。深沙大王の眷属という役柄で、赤頭に龍戴のようなものを着けています。前場を整理するような形で深沙大王と玄奘三蔵のことを語り、さらにこれから大般若経が授けられることを述べると笛座に下がって控えます。
通常シャベリを終えたアイは狂言座に下がり、まもなく切戸口から退場してしまいますが、この曲では大般若経授受の様を見ることが楽しみだという言葉通りに、最後まで舞台に留まりました。

さてアイが下がると二人のツレ飛天の出になります。
天女ということですが天冠は着けず赤系の長絹姿で、下がり端での登場です。天女の出に下り端は珍しくはありませんが、橋掛りを進んだツレは一ノ松と二ノ松に立ち、袖を返して舞台へ進み、太鼓座前で袖を直し、下り端の囃子のままで舞になりました。
地ノ頭と常座に別れて立ち、足拍子を踏んで舞台を廻り、目付と正中、そして元の位置へと下り端の囃子で舞を舞います。
この舞は「下り端の舞」として梅若玄祥さんが作られたものだそうで、ゆったりとした下り端の囃子に載せて、扇を持たずに両の袖を羽ばたくように舞う姿は確かに天人を思わせます。

二人が横に並んで立った形になって地謡が入ります。
「波や打つ 波や打つ 鼓の音は汀に響き 峯吹く松の嵐は自ら琴となる」聞き書きなのでいささか怪しいのですが、渉り拍子の謡は長閑な雰囲気を醸し出します。下り端に渉り拍子といえば猩々を思い出しますが、節付けにあたって明るくゆったりとした天女の様を出そうとされたのかも知れません。

続く拍不合の謡で飛天がワキに寄り、両側からワキを立たせるような形で三人が並んで立ちます。大ノリの謡になり、ワキが中央、左右に飛天が並んで正面を向き、足を左右と上げて河を越えたことを表す風です。三人が下居し、ワキはさらに正先で合掌します。
これまで越えることの出来なかった流沙河を飛天に支えられてなんなく越してしまったことを示します。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1563-3a70ba93

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。