FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

竹生島のつづき

ワキの一行がワキ座に着くと、後見が舟と棹を持って出て舟をワキ正に置きます。置き位置を確認したワキは棹を持って後見座に下がり、囃子が始まります。

囃子が奏される中をツレの女が先に立ち、シテの老人が後から続いて登場してきます。
前ツレは朝顔を図案化したような文様の唐織を着流しにし、一方シテは無地熨斗目に水衣肩上げ、尉髪の老人姿です。

このブログで先に取り上げた二番では、いずれもツレが釣り竿を肩に担い、シテは小格子厚板着流しに水衣の装束でした。
「釣り舟」を象徴するものとしてツレが釣り竿を担っているというのは分かりやすい感じがします。とは言っても、作り物は所詮枠だけの「舟のようなもの」ですから、それほどこだわる話でもありませんね。

観世流の装束付けでは、前シテの装束は「小格子厚板又は無地熨斗目」とされていて、どちらでもかまわないことになりますが、シテの小島さんが大柄でいらっしゃるので、紺地の無地熨斗目の方がおさまりが良いかと思って拝見していました。
老体の装束としては、小格子厚板に白大口、水衣が最も重い形で、高砂など後場に神として登場する曲では、前シテがこの形で出るのが普通のようです。
次に白大口を着けずに小格子厚板着流しで出る形となり、無地熨斗目は修羅物の前シテなどに用いられることが多いようです。
竹生島のシテは後場で龍神として現れるので、小格子厚板の方が役の位としては良さそうにも思いますが、装束着けに「又は無地熨斗目」としているのは、観世流なりの解釈があるのかも知れません。

舟の所までやって来た二人は、シテが舟の奥側に、ツレが舟の真ん中の部分に立ちます。二人が乗り込むと後見がシテに櫂棹を渡し、シテのサシ「おもしろや頃は弥生のなかばなれば」から謡い出され、ツレの二の句、シテツレ同吟での一セイ、さらにシテのサシ、ツレとの同吟から下歌、上歌と春の琵琶湖に進む舟の長閑な様が謡われます。

上歌の終わりに「いざ棹し寄せて言問はん」と謡って、シテは棹に手をかけます。
この二度目の「言問はん」でワキが立ち上がり、舟が近づいてくることを認めて、シテ、ツレの乗る舟に「便船申そう」と呼び掛けます。
シテは、この舟は渡し船ではなく釣り船だと諭しますが、ワキは釣り船なのは分かっていて便船と言ったのであって、初めて竹生島に参詣するので是非とも乗せて欲しいと求めます。

さてこのつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1568-b6e83515

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。