FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

東北さらにさらにつづき

優美に登場したシテは、只今読誦していたのは「比喩品よのう」と感じ入った風で、かつての思い出を語ります。ワキとの問答は型通りにワキの方を向き、また正面に直す形を繰り返し、シテ「出ずるは火宅」ワキ「今ぞ」シテ「すでに」とワキに向かって二足ほどしっかりと出て地謡になります。

これに対して地謡の謡で、和泉式部が歌舞の菩薩となってこの寺に住し、三つの車に乗って火宅の門を出で、成等正覚を得たことが謡われます。
「三つの車にのりの道」と七つ拍子を踏み、ワキに寄り正中で左の袖を返し、右扇をワキに差し出し形から常座へと向かいます。

囃子が調子を変えてクリの謡。シテは常座で小回りして大小前に立ちます。
地謡をそのまま聞いてシテのサシ、さらにクセ前の地謡と、シテは謡を聞く形で、最後「天道にかなう詠吟なり」とワキを向いて二足ほど出ますが、クセに入って元に戻し正面を向きます。喜多流の記録と比べていただくと、微妙な違いがおわかりいただけると思います。

続くクセは仕舞として良く舞われます。曲舞の基本的な型をなぞりつつ、東北院の風光を謡い舞いします。最後は大小前にて左の袖を返して左右、「春の夜の」の謡でワキを見て袖を直し常座へと向かいます。後見座を向いて一呼吸置き、正に向き直して序ノ舞へと入りました。

序ノ舞を舞上げるとシテのワカから地謡のノリ地。シテは上げ扇から左右打込、開いて「げにや色に染み」と謡い出します。この後は、以前に書きましたように喜多流と観世流では詞章がかなり違います。
シテの謡に続く地謡「よしなや今更に」でシテはサシ込み開キ、右回りに常座に行き「恋しき涙を遠近人に」とワキ正方を斜めに見上げる形から、ワキの方を向いて正中へと進み「いとま申さん」と開いて下居。
シテ「これまでぞ花は根に」と立ち上がり七つ拍子を踏んで大小前へと向かい「方丈の灯火を」と扇を胸に当て正中に出て開きます。
目付に出て舞台を廻り、常座に戻って留拍子を踏んで終曲となりました。しっとりとした印象の三番目物らしい一番でした。
附け祝言は千秋楽。私は附け祝言が謡われる形の方が番組の終わりに気持ちの整理がつく感じがして好きです。
(95分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1577-a6fa3da3

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-03 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。