FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

胡蝶 佐野玄宜(五雲会)

宝生流 宝生能楽堂 2011.02.19
 シテ 佐野玄宜
  ワキ 則久英志、アイ 中村修一
   大鼓 亀井洋佑、小鼓 飯富孔明
   太鼓 金春國和、笛 寺井宏明

胡蝶は宝生流高橋憲正さんの演能(鑑賞記初日月リンク)、観世流観世喜之さん(鑑賞記初日月リンク)と浅見慈一さん(鑑賞記初日月リンク)の演能を取り上げています。今回が四度目でもあり、簡単に気付いたことなど書いておくのみに留めようと思います。

まず舞台には梅の立木台が出されます。流儀によって台が四角だったり丸だったりあったと思うのですが、この日は四角の台。次第の囃子でワキの登場となります。
ワキツレは出ずワキのみ。以前にも書きましたが、観世流の本にはワキツレ従僧二、三人と装束付けまで記されています。ですが、このブログに取り上げた演能ではすべてワキツレは登場していません。確かにワキツレの出る必然性には乏しい曲ではあるのですが・・・
ワキは角帽子の上から笠を被って登場しますので、名乗りで笠を取ると角帽子の先をちょっとのばし、道行で笠を再び被り、着きゼリフで笠をまた取って角帽子を直します。ワキが角帽子に笠を被って出ると、その度に角帽子を直す所作にちょっと愛嬌があるなあと思ったりします。

ワキがワキ座に向かおうとするとシテの呼び掛け。どのあたりでどの詞章を謡うかは、流儀によっても演者によっても区々かと思いますが、ワキとの問答をしつつゆっくり橋掛りを進んだシテは「大内もほど近く処からなるこの梅を」で二ノ松あたりまで出て立ち止まり、正を向きました。続くワキの詞「・・・今見ることの嬉しさよ」で再び橋掛りを歩みだし、ワキの「名所には住めども心なき」あたりで舞台に入って、シテ「これは都の花盛り」と常座に出ました。
つづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1593-c2f7a9af

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-03 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。