FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

胡蝶のつづき

シテ・ワキの掛け合いから地謡に合わせて、シテは常座から目付に出て舞台を廻り、正中あたりから常座へと戻ります。
この地謡の出だし「梅が香に昔を問えば春の月 答えぬ影ぞ袖にうつれる」は、新古今にとられた藤原家隆の歌。有名な歌ですが、下の句を「答えぬ影も我が袖に」と変えて、「移る匂も年を経る・・・」と続けていくのが謡曲の面白いところです。

ワキがシテに、この宮の謂われや自らの名をも語るようにと求め、シテが自ら人間ではなく、梅花に縁のないことを嘆く身であると述べつつ正中に進んで下居、片シオリしてクリ、サシ、クセに続いていきます。

クセの前半は下居したままで、上げ端の後「昔語りを夕暮れの」で立ち上がると「月も差し入る宮のうち」と目付の方を向いて二三足出「人目希なる木の下に」と正先を見込み、さらに舞台を廻って「夕の空に消えて夢の如くなりにけり」と常座で一度正に向き直ると、あらためて「夢の如くなりにけり」と中入りしました。
謡のどのあたりで立ち上がったか、その後の所作など、これまでの記録と見比べていただけると微妙な違いが面白いかも知れません。
なお、森田流寺井宏明さんの笛ですので送り笛はありませんでした。

中入の後、アイ一条大宮のあたりに住まいする者が登場し、常座で「今日は長閑に候間、罷り出でて心をなぐさばやと存ずる」と言い、目付に出てワキ僧を見つけて問答に入りました。
ちょうど良い寸法で知らせ笛が吹かれ、ワキの待謡から後シテの出。緋の大口に紫の長絹、天冠の蝶を着けて常座に出て謡います。

この曲、太鼓入り中ノ舞が舞われるのですが、宝生流ではさらに中ノ舞舞上げの後、地謡に乗せて謡い舞いして「雪をめぐらす舞の袖 返す返すも面白や」で六拍子踏んで破ノ舞となります。観世流は中ノ舞だけで破ノ舞がありません。
深い思いを見せるような曲ではありませんが、春らしい趣を感じる一曲でした。
(74分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1594-f173cffa

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。