FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

胡蝶 高橋憲正

五雲会 宝生能楽堂
 シテ 高橋憲正、ワキ 御厨誠吾、アイ 三宅近成
       大鼓 佃良勝、小鼓 森貴史、太鼓 三島卓、笛 藤田貴寛



今回の五雲会での目当てその一。
胡蝶って、まあ他愛のない曲でして「蝶の精が梅の花に縁の無いことを嘆き、これを聞き届けた旅僧の読誦する経典の功徳で、梅の花に戯れる」という、ま、だからどうなの、というような話です。



とは言え、能にはこの手の、現代人から見れば「だからどうなの?」という感じの曲が少なくありません。これを情緒とみるかどうかは、感覚的な問題かもしれませんね。



ともかく、角帽子に笠をかぶった旅姿のワキ僧が登場。一条大宮あたりの古御所で、車寄せから中を覗くと梅が盛りとなっています。
ここで幕内からシテの呼び掛け。いい風情です。
シテはゆっくり橋掛りに現れ、二の松あたりで一度歩みを止めた後、舞台に入ってきます。



期待して見ているせいなのかもしれませんが、ただ橋掛かりを進み、舞台に入ってくるだけなのに、なんだか花があるんですよね。
前シテは里の女。ここで梅の花を巡って、シテ・ワキの問答。居グセと展開します。
話の中心は梅の花。おりしも、今年は少し遅れた梅の花が満開の時節。早春の風情ですね。



女は「自分は蝶の精だが、四季折々の花に戯れるのに、梅の花に縁がない」と嘆き、僧の夢の中に現れようと言って、姿を消し、中入りとなります。



後シテは緋の大口に紫の長絹、天冠に蝶の立物。華麗な出で立ちです。
期待に違わず、高橋憲正さん、流麗な舞です。中ノ舞が短く感じられて「ああ、もっと観ていたいものだ」と思っていたら、また舞に。
この曲、破ノ舞もあったんですね。ちょっと記憶が怪しい・・・



ともかく目当てその一は、期待通りの能でした。ああ、今年はもう東京では高橋憲正さんのシテはありませんね。金沢までは、ちょっと遠い・・・

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/16-f36d6e1b

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-08 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。