FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

鞍馬天狗のつづき

アイの小舞、深田さんは和泉流野村万作家の方なので風車、あるいは小弓とでも呼ばれる曲を舞われましたが、大藏流で「いたいけしたるもの」と呼ばれるものと同曲です。立ち位置など所作は違うようですが、残念ながら詳しいことは分かりません。

この小舞の途中で後見座にクツロイでいたシテが立ち上がり、舞台に進み出てしばらくこの小舞を眺めた後、安座します。
これを見咎めたアイがワキに寄り狼藉者を追い立てようと言いますが、ワキはこれを押し止め、花は明日見ることにしようと言って花見やワキツレを従えて退場してしまいます。
アイは一同が退場してしまうと、再び立ち上がって常座で腹立ちのほどを述べ、目付に出てシテに悪態をついてから退場します。

さて舞台が静まるとシテが静かに謡い出します。このシテの謡に、花見の一行で唯一人残った子方牛若が答えてシテと子方の掛け合いになります。
二人の謡で、そもそも鞍馬寺の本尊は大悲多聞天、分け隔て無く慈悲の心を注ぐ仏のはずなのに、よそ人と分け隔てをするのは慈悲に漏れたる人々であることよ、と嘆く心が謡われます。さらに謡が続いた後、シテはあらためて子方に、稚児達が皆帰ってしまったのに何故一人残ったのかと問いかけます。

子方は稚児達が平家の一門であることを述べますが、これに対してシテが「和上臈は常磐腹には三男、毘沙門の沙の字をかたどり、名をも沙那王殿とつけ申す」と続けます。以前の鑑賞記にも書いた通り、突然現れた山伏が牛若の素性を知っているというのは、随分と不思議な話で、このあたりからもシテがただの山伏ではないことが窺える展開になっています。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1600-f086c764

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-05 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。