FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

鞍馬天狗さらにつづき

シテの謡に続けて地謡。その「心凄のけしきや」でシテは立ち上がり、ゆっくりと目付に向くと「鐘は聞こえて夜ぞ遅き」と暫し鐘の声を聞く形から、子方に寄って立ち上がらせ後ろに立つ形。さらに正中に出ると子方はワキ座に。二人は向かい合い、さらに「愛宕高雄の初桜」とシテは正先に出てから常座へと向かい「吉野初瀬の名所を」と子方に向いてから正面に直します。
ロンギとなり子方の謡。シテの素性を怪しんで「御名を名乗りおわしませ」とシテに名乗りを求めます。
シテはこの山に年経たる大天狗と自らの素性を明かし、面を切ると正中へ出て「平家を亡ぼし給うべきなり」と幕方を見込みます。さらに正中に下居して「明日参会申すべし」と子方に一礼して立ち上がり、目付から「大僧正が谷を分けて」と常座へと進んで小回り、開キ。来序で中入となりました。
子方もシテの入りに従い、来序の内に中入りします。

二人が幕に入ってしまうと囃子は狂言来序にかわり、木の葉天狗のアイが登場してきます。烏天狗出立で右手に杖を持ち常座で立ちシャベリです。大天狗の手下という次第ですが、一通り喋ると橋掛りの方へ向いて大天狗に声をかけて退場します。工藤さんの演能の際は大藏吉次郎さんの御一門がアイで、立ちシャベリの後に木の葉天狗がさらに二人登場し、三人で打ち合いの稽古をしました。この部分は今回のように立ちシャベリのみの形、後から木の葉天狗が一人、二人出る形など、様々のようです。

一声の囃子で後子方の出。白大口、白水衣に白鉢巻き。右手に長刀を持っての登場です。常座で謡った後、地謡で子方はワキ座に立ち、大べしの囃子で後シテの出になります。
袷法被に赤系の半切、赤頭に兜巾を着けて羽根扇を持っています。大天狗が重々しく登場する訳ですが、大べしというのは単にゆったりとしている訳ではないという話を以前に書いた記憶があります。
高速で飛ぶジェット機を地上から見ると、ゆっくり動いているように見えるのと同様だというのですが、確かにそう思って聞いていると、全体の運びはゆっくりなのですが、早さが感じられるから不思議です。
このつづきさらにもう一日明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1601-86c24fb3

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。