FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

鞍馬天狗さらにさらにつづき

常座に立ったシテは「そもそもこれは鞍馬の僧正が谷に年経て住める大天狗なり」と謡い、地謡と掛け合いで供の天狗を従えている様子を謡います。宝生流の小書「白頭 別習(天狗揃え)」では、シテが白頭で登場し、ここに謡われる天狗達が赤頭のツレとして通常七名ほど登場するそうです。

ともかくもシテは「大山の伯耆坊」と六拍子を踏んで開キ、ゆっくりと目付に出て左に回ります。左右から開いて「高雄の峯に住んで」と大小前へ。そこから「人の為には愛宕山」と正先へ出、左袖を披いて下居。「月は鞍馬の僧正が」と立つと運びが速くなり、舞台を廻って小回り、ユウケンして「天狗倒しはおびただしや」と目付に出て子方を見ます。
シテは子方と言葉を交わし、物語を聞かせようと言って正中で床几にかかって、張良と黄石公の話を語り始めます。能「張良」の話そのままですが、あるとき黄石公が馬上で左の履を落とし、張良にとって履かせよ命じます。張良は納得いかないものの履を取って黄石公に履かせます。するとまた別の日、今度は黄石公が左右両方の履を落とし、再び取って履かせよと命じます。安からず思った張良ですが、一大事を相伝するためと思い、落ちた履を取り上げます。と、ここまで語りつつシテは履を取る形から正へ直し、地謡の「張良履を捧げつつ」で床几のまま六拍子を踏みます。さらに踏み返し、面を切り「兵法の奥義を伝えける」と両手を上げて直します。

シテは「その如くに和上臈も」と謡い、地謡に合わせ「姿も心も荒天狗を」と四つ拍子。左へ向いて袖を返し「平家を討たんと思し召すかや」で立ち上がって子方に向き一回りします。そして地謡の「そもそも武略の誉の道」で大小前に立って舞働。

舞働の後は「あらあら時節を考え来たるに」と橋掛りへ入り、二ノ松で太刀打つ型。下居して立つと舞台に戻り正中に出ます。子方に向かって別れの挨拶をすると「御暇申して」と立ち上がり常座へと進みます。子方が寄り、シテは舞台を廻って常座で正中に出た子方と向かい合いユウケン。子方を先に退場させて橋掛りを進み、幕前で「梢に翔って伏せにけり」と留になりました。

水上さんはお名前の通り大変優しい雰囲気の方で、これまでの演能でも柔らかさ、優しさを感じることが多かったのですが、今回の鞍馬天狗では力強さがだいぶん強調された感じで充実した雰囲気を感じました。お子さんと同じ舞台に立たれて、強さも兼ね備えられたのかも知れません。大べしで登場する後の出に、特にそういう印象を受けました。
(72分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1602-84d105bb

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。