FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

源氏供養さらにつづき

この曲、アイが出ませんで、ワキの謡い出しからすぐに待謡になります。
間狂言が出る演出もあるのだそうですが、各流の番組など見ていてもついぞ見かけた記憶がありません。また福王流にはワキが語る小書もあるらしいのですが、こちらも関東では観る機会がなさそうです。

ともかくも、間狂言がでないとシテとしては忙しいだろうと思うのですが、待謡を謡い終えたワキ一同が立ち上がり、ワキ座、地謡座前にそれぞれ着座すると一声の囃子、後シテの出になります。

後シテは緋の大口に紫の長絹、烏帽子を着けての登場です。大口は金糸か箔かが施されています。常座まで進み出たシテは「松風も散れば形見となるものを 思いし山の下紅葉」と謡い出します。

シテの登場に、ワキは夢か現かと覚束ない様子でシテとの掛け合いになります。ワキが紫式部にてましますかと問いかけ、シテの謡から地謡に。シテは正面に五、六足ほど出て「月も心せよ」とすっと遠くを見やるような感じから「石山寺の鐘の声」とワキ正方へ向きを変えやや面を伏せて鐘を聞く心。地謡の終わり「光源氏の跡弔わん」と一度常座に戻ってからワキに向かって進み、正中に下居して合掌します。

シテはワキの弔いに、何を布施としようかと問いますが、ワキは布施などとは思いもよらぬことで唯舞って見せて欲しいと答えます。
シテはそれならば舞おうと言い「恥ずかしながら弱々と」と謡いつつ立ち上がってワキに向き、地次第で正面を向いて扇出して開キ、地取りの間に常座に行って正面を向くと、シテ「花染衣の色襲」地「紫匂う袂かな」でイロヱとなります。
各流とも舞入の小書があり、このイロヱに換えて破ガカリ中ノ舞を舞いますが、この形での上演も多いようです。
明日につづきます
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1607-9d2eaba9

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。