FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

悪坊のつづき

茶屋の主人に一飯を用意するようにと命じたシテは、長刀を立てかけようと目付柱の近くに出ますが、酔ってふらつくために長刀を立てられません。このあたりはなかなか凝ったところです。

さて長刀をおいて横になったシテは、腰を打ってくれと出家に頼みます。頼まれた出家は「このくらいでござるか」と問いながらシテの腰を打ちますが、だんだんにシテが眠った様子になります。出家が「このくらいでござるか」と強く打つとシテが目を覚ましますが、静かに打つようにということになり、シテが向きを換えて出家がまた腰を打つ、しばらくするとシテはすっかり寝入ってしまいます。

出家はそっと立って亭主を呼び出して問答となります。あれは何という人かと出家が問うと、主人は六角堂の悪坊という大の酔狂人で、迷惑する者が多いと答えます。宮本さんの時には六角殿の同朋で悪坊と答えました。どうもそちらの方が元の形のように思えますが、ともかくも出家は裏道から逃がしてくれと言い、主人も後々の迷惑はあろうけれども、出家でもあり逃がそうと言って下がります。

出家はさあ逃げようと急いで立ち去りますが、目付あたりで立ち止まり自分を散々なぶったのは腹が立つと、常座に戻るとまずは長刀を傘と置き換えます。さらに厚板を脱がせて自分の十徳をたたんで置き、背にさしていた助老も置くと、ひとしきり悪態をついて退場します。

さてシテが目を覚まし起きて傘に気付きます。さらにこれは禅宗の助老、小袖が無く衣があると、次々に気付くと、これは釈迦か達磨が変化して先ほどの出家の姿で現れ、自分が日頃酔って悪逆ばかりするのを戒めたものであろうと推量します。
後世を願う、と一泣きしてから「思いよらずの遁世や 小袖に替えたこの衣 刀に替えしこの助老 長刀に替えたる唐傘を かたげて頭陀に出うよ」と謡い「行脚の僧に はつちはつち」と言って入り、留になりました。

高澤さんのアド、表情豊かで良い雰囲気でした。右近さんの悪坊は酔狂が板についた感じで、いつもながら良い狂言を観た満足感がありました。
(20分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1610-e0741988

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。