FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

大江山さらにさらにつづき

シテが幕に向かうとワキも立って正中でこれを見送る形になります。
シテが姿を消すとワキはあらためてオモアイを呼び出し、臥所の鍵を預かるように命じてワキツレともどもに中入りします。

オモアイが常座に戻るのに合わせて、アドアイが再び切戸口から出てワキ座に立ちます。再び二人の問答になりますが、前場のやり取り以上に面白く出来ています。
オモアイは助けてやるから都に帰って夫婦になろうと持ちかけます。アドアイもまんざらではなさそうですが、とは言え能力が夫婦になるというのはいかがなものかなどと言います。オモアイはそれならば能力をやめるまで、などといい、やり取りが続いた後、二人して先に逃げようということで退場します。

さてアイが退場すると一畳台が出されて大小前に据えられ、続いて紫の引廻しを掛けた大宮が出されて台上に据えられます。
落ち着くとアシライ出で後ワキの一行が登場してきます。
先頭に立ったワキは白鉢巻きを締め、白大口に法被、手には松明を持ってこれを振りながらの登場です。つづく独武者も同装ですが、残るワキツレはモギドウでの登場。ワキが舞台に入ってサシ謡。目付に出て大宮に向かい合います。

地謡が受けての謡となり、ワキは大宮に寄って松明で照らす形。舞台を廻って常座に戻ると松明を捨てて目付に出、さらに「南無や八幡山王権現」で常座まで下がって拝し、「頼光保昌綱公時貞光季武独武者」の謡で立ち上がると橋掛りへ面を切って、橋掛りへと入ります。変わってツレが舞台に入り、ワキ座へ進むと「剣を飛ばする光の影」で引廻しが外され、衣を引き被いて安座したシテが姿を現します。

ワキツレ四人は柄に手を掛けシテに対峙し、地謡の「余すな洩らすな攻めよや攻めよ」で太刀抜いて構えるとシテが立ち上がり、働となります。

働の後はシテが台上に戻り、橋掛りに下がっていたワキが舞台に戻ってワキ座で太刀を構えます。シテは台を下り「頼光下より刀を抜いて」とワキが太刀で刺す型。シテは切戸口から退場しワキが太刀を肩に留拍子を踏んで終曲となりました。
最後はワキを中心とした活劇になり相応に楽しめますが、ところでご高齢の遠藤六郎さんがあえて今、大江山を演じようと思われたのは何か子細でもあるのだろうか、とふと考えたところです。附け祝言は春らしく嵐山。
(70分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1614-7a419435

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-02 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。