FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

三井寺の続き

一日間があきましたが、三井寺の続き。
シテの詞のうちにアドアイが立ち上がります。シテは、何時も自分を訪ねて慰めてくれる人に霊夢の話をしようと言うと立ち上がって常座に向かいます。

アドアイは名乗ると舞台に進もうとし、シテとアイが出会います。アイが床几を持って出てシテは常座前で床几にかかり、アイが目付に座して対面する形で問答。少し眠った間に霊夢を蒙ったというシテの言葉に、アイが夢の意味を判じるわけです、

夢のお告げに従って三井寺に行けば、行方知れずになった子供に会えるかも知れないとのアイの言葉に、シテは喜んで三井寺に向かうことにします。
囃子が打ち出され、シテは床几から立ち上がりアシライで中入となります。アイも続いて退場しますが、以前の鑑賞記には床几から下りて一度下居して合掌し、あらためて中入りしたとあります。今回は特に合掌の所作はなかったようです。

短い前場ですが、子が行方知れずとなってしまった不安から、夢のお告げに希望を託する変化が、謡に現れる感じです。

中入で後見が鐘楼の作り物を目付に出します。以前にも書きましたが、鐘の作り物は三井寺以外では見かけないと思います。特別な鐘が出される道成寺は別として、鐘の能といえば三井寺といわれるようですね。

さて作り物が据えられると次第の囃子で、子方を先頭に、ワキ、ワキツレ二人、オモアイが登場してきます。園城寺すなわち三井寺の住僧一行が、月を愛でに講堂の庭に出てきたというところです。
このつづきはまた明日に
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1623-76105278

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-07 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。