FC2ブログ

能の花 狂言の花

一観客として、能楽の面白さの一端を伝えられれば、と思っています。 初めてご来訪の方は「はじめに・・・能狂言に寄せて」のカテゴリーをご一読下さい。これまで書いた鑑賞記の索引を載せています。

三井寺さらにさらにつづき

オモアイは鐘を撞こうといい、目付の鐘楼の所に進むと鐘撞く所作をしながら、じゃんもーんもーんもんと鐘の音を声に出し、三度ほど鐘を撞きます。
以前の鑑賞記では、この鐘撞くアイにシテが寄り、手に持った笹でアイを打つと、アイが「蜂が刺いた」と言って飛び退くことを書きました。

一方、この日は三度鐘を撞いたアイが下がる間に、シテが正面に向き直って二ノ松に寄り「面白の鐘の音やな」と謡い出して、笹でアイを打つやり取りがありません。
各流みてみますと、観世流以外はこのやり取りがあるようで、理由は分かりませんがおそらくは観世流のみ改作したのだろうと思います。百万に同様のやり取りがありますので、同じ展開を嫌ったのかも知れません。

さてシテは謡に続いて自らも鐘を撞こうと述べ、橋掛りをススッと進んで常座からサシ込み開キ、地の次第となります。地取りまでの間に、オモアイがワキに立ち寄って下居し、狂女が来訪した旨を告げて切戸から退場します。

ワキシテのやり取りから、この曲の眼目とも言うべき鐘之段。シテは鐘に寄って紅段(たしかそういう名だったと思うのですが、鐘を撞く所作を見せるための帯状の布です)を引いて常座に立ち、謡に合わせて鐘撞く形を見せます。最後は「真如の月の影を眺め居りて明さん」と正中に下居して、クリ、サシ、クセの謡に続いていきます。
クセは居グセ。

上げ端「月落ち鳥鳴いて」で扇を広げて立ち、舞う形になりますが、ここで子方が声を上げ、狂女が自分の母であるとワキに告げます。親子再会の大団円となっていく訳ですが、隣席の女性がこのあたりで堪えきれなくなった様子、そっと涙をぬぐっておられました。しみじみとした想いの残る、素敵な演能でした。

さてこの曲の子方は、後場の最初に登場して以来、一時間近くもずっと座ったままひと言も発しません。クセの後に突然声を上げて存在を示すと、一気に終曲に向けて中心的存在となっていきます。ずっと座ったままというのは子方にとってもキツかろうと思うのですが、この日はよく頑張りましたという次第。
当日のブログには、憚られるかなと思ってお名前を書きませんでしたが、江田五月さんのお孫さんとか。しっかりしたお子さんでした。後ほど江田さんご自身がネットに写真入りで公開されておられるのを拝見しましたので、お名前を含めて書かせて頂きました。
(89分:当日の上演時間を記しておきます)
*** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** *** ***
このブログの記載方法などについてまとめています(リンク) 初めてご来訪の方はお読みいただけると幸いです
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://zagzag.blog72.fc2.com/tb.php/1625-ddcd0b6e

 | HOME | 

カレンダー

« | 2020-09 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月ごとに

カテゴリー

カウンター


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィールなど

ZAGZAG

頑張らない、をモットーに淡々と行こうと思っています。